体の健康を考えて改善する

当方は30代会社員をしております。

仕事は日勤から現在夜勤に変わったので健康診断が半年に一回ほどあります。

夜勤に変わってからはやはり夜寝る時間に仕事をしてご飯を食べたりするわけですから体重などもふえがちになったり、血圧なども上がったりします。

健康診断にいき結果が届きました。

体重も少し増えて、血圧も少し上がり、尿酸値も高くなりました。

やはり年齢も30代ということもあり健康管理に気を付けないと成人病になってしまいます。

痛風や糖尿病などになっている友人もいます。

体重が増えた原因は朝仕事から帰ってきてご飯を食べてそのまま寝るみたいな生活をしていたためです。

また仕事柄外食も増えてそのおかげで尿酸値も上がってしまい、少し改善しようと思いました。

仕事はほとんど座ったままでしたので、運動量も全然足りません。

まず食生活の見直しと、適度な運動をすることにしました。

仕事が終わると、家に帰り毎日30分ほどウォーキングをすることにしました。

最初は少し時間を短めにして、長い時では1時間ほど歩くようにしています。

そして代謝を上げるために筋トレもやっております。

時間があるときはジムで1時間ほどやっています。

食生活ですが仕事から帰り、朝寝る前は、果物だけ食べて寝るようにしています。

普段外でご飯を食べるときは、できるだけ野菜を多くとる努力はしております。

弁当を買ったときに、コンビニで袋に入っている生野菜を買って食べたりしていますが、外食だとどうしても限界があります。

ですのでサプリメントを飲んでみようと思い、いろいろなサプリメントを飲んでいます。

そして尿酸値が高いと痛風や賢障害,心疾患などの病気になったりします。

尿酸値の高い人は水分を多く取り、尿量を増やし、尿と一緒に尿酸を排出するように先生に言われました。

基本的に一日の尿量が2000mL以上になるのがいいそうです。

また尿酸値が上がる食べ物プリン体になる食べ物はできるだけ控えるようにしています。

外食が多いので我慢ができないときもあります。

ですが半年後健康診断に行ってみると少し改善されておりました。

体重は3キロほど落ちて、血圧も少し下がりました。

尿酸値はまだ少し高いですが、以前と比べると少しましにはなりました。

もう少し改善するようにまた継続中です。

やはり20代のときと比べてみて体の変化が少しずつですがでてきてるということを理解したうえで健康管理に気を付けていかなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です